眉毛が薄い坂本さんのこと

ゆらゆら帝国で好きだった曲は,
ハチとミツ
3×3×3
グレープフルーツちょうだい
ロボットでした

あたり(順不同)

高校生になったころの僕は,ハイロウズと銀杏BOYZとミッシェルと東京事変ばっかり聞いてて,
J波からたまに聞こえて来るTEI TOWAとかFPMなんかが気になり始めてて,
でも毎日やってくるアメリカンフットボールの朝練のために夜中まで聞きたい気持ちを抑えて,
就寝.というような生活.

そんな感じの文化活動(一部)の中で出会ったのが「ゆらゆら帝国」だった.
かなりセンセーショナルな思いだったことを覚えてるし,
友人数人と毎日のように聞いてなんだか適当にあることないことゆら帝について
話したりしてた.


amazonから画像借りたのでJUMPします.

バンドを解散して解き放たれた坂本さんソロデビューのアルバムはまさにすごい開放感で
とても爽やかな印象.水がぼこぼこ鳴るサンプリングは今だに使ったりしてて,
ゆら帝から無理に離れようともしていない感じ.
個人的には
仮面をはずさないで
が随分好きだけど,とにかく全部綺麗に嫌な曲も無いし良いです.

アルバムアートワークに関しては坂本さんっぽいけど
やっぱり気持ち悪くてあまり凝視できないのは俺だけ・・・?
[PR]
# by shoz718 | 2011-11-29 13:09 | 音楽

冠婚葬祭を撮影して改めて感じた僕が写真を撮る3つの理由

タイトルはてぶっぽい?一回やってみたかったんです.

カメラと写真の話が続くんだけど,
今日はもう少しソフト寄りのことを考える.
最近,親しかったじいさんが死んだので通夜から告別式までを撮影して,
続いてすぐに大学の先輩の結婚式二次会の撮影をした.

IMG_2465
葬式の写真.プリントして物質感あると結構パワフル.

_MG_1206
金山のちょっと可愛らしいカフェにてアットホームな二次会.楽しかった!

葬式はフィルム,結婚式はデジタルで撮影して,現像後はどちらも参加者の人たちへ還元.
葬式に関して言えば先日49日法要で再度集まった人にプリントを手渡しし,
結婚式二次会のそれは1000枚以上あったのでまず全てをスライドショーにし,
次に200枚くらい選別してDVDに焼き,
関東に暮らす先輩夫婦に郵送(の予定).


この短い話の中には実は数多くのフェーズがあって ,
それらをつぶさに考えてみると写真を撮る楽しみの一端が見える気がしたので,
まとめて文章化してみることにした.

じゃあ3つの理由を以下に.


1.メディアとしての写真
写真は記録しておくものってすごく一般的な考え方から,
当然撮影して出来上がったものを通して起こる何かに期待をしてる部分が大きいんだよね.
例えば葬式の写真を法事の席で見る.
特に親戚のうちでも冠婚葬祭のときにしか会わない人っていると思うんだけど,
そういう人ととのコミュニケーションには確実に繋がるし,
そのためのツールとして写真を使う.その場に居なかった人に伝える.
結婚式だってそう.将来子供に見せたり,
結婚記念日に夫婦で見返したり,そこで生まれる何かがある.
写真の向こうにあるコミュニケーションやレスポンスに期待してて,
それは俺の気持ちであったりメディアを享受する側の気持ちであったり,色々入り交じる.
これはすごく一般的な話.


2.体験としての写真
これは趣味的な話になってくるんだけど,
写真体験そのものが面白いっていうのも写真を撮る魅力の一つだと思う.とても.
写真を撮る,っていうだけでそれが自分のアイデンティティの一部になる.
それは別の何かに繋がっていく可能性があって,その何かが好き.人付き合いしかり.
(あれ,これ撮影そのものじゃないな


例えば葬式はフィルムで撮った.これは直感的なことなんだけど,思い返して理由を考えてみる.
すると実は明確で,葬儀とか通夜っていう儀式をより「自分自身のため」
のものにしたかったんじゃないかな.
フィルムを装填して露出をマニュアルで合わせてピント決めて
フィルム巻き上げてシャッター切る.
「ガション!」っていう音がして,風景が一枚切りとられる.
そういう細かい行為一つ一つで,じいさんを弔いたかったんだ.
じいさんはカメラ好きの新しい物好きで,いつも僕の写真を撮っていたし,
親戚が集まると毎回毎回同じような絵柄の集合写真を撮ってた.
町内の新しい建物(主に人の家)の施行を段階的に記録したりもしてた.(趣味で
「俺の写真は撮らんでええ」,そんなふうに言われそうだけど,
好きだったじいさんのため,あとから見る親戚のため,
実はそれだけじゃなくて自分の気持ちの整理のために
重たい巻き上げレバーに親指をあてていたんじゃないかなって,今は思う.
それを現像してL判に同時プリントしてもらって,
数枚を2Lに引き延ばして親戚やばあちゃんにあげた.


儀式的にシャッター切ってる,という部分は多少なりとも常にある.
あとは単純に物事をファインダー越しに眺めるのが好きなんだなと自己分析.




3.カメラ
金属でできた工業製品て美しいじゃないですかなんだか.
物に対する愛着はどちらかというと性能よりもバックグラウンドや形に対して
生まれるような気がする.

カメラはその最たる物なのですよ.


- - - 以上3つの理由でした.


これだけで足りてるのか足りてないのか全部言いたいこと言えてるのか不明ですが,
また思いついたら書きます.
多分3つじゃないもっとある僕の写真撮る理由.
[PR]
# by shoz718 | 2011-11-21 11:55 | 写真

Canonの新しいコンデジを買うかどうかっていう話

ミラーレスじゃないよ?

4年前に「LUMIX DMC-FX100」っていうコンデジを買ってからというもの,
「カメラはでかくてボタンとダイヤルが多い方がかっこいいし使いやすい」とか叫びまくって
デジイチやフィルムカメラを持ち歩いてコンデジを買わずに過ごし,
どうしても持っていないときはiPhoneで撮影(驚くほど良い画をつくる)っていうスタイルで,
自分としては十分事足りてたからしばらく小さい「撮影するためだけのカメラ」っていうのは興味が無かった.
「カメラは軽くないと持ち歩けないじゃーん」って言っちゃうカメラ女子に唾を吐き,
軟弱なトイカメラ男子をEOS 5Dの角で殴ってここまで生きてきたのだ.(嘘です

iphone-185
iPhone4で撮影.十分でしょ?綺麗でしょ?
しかもインターネットに繋がってるんだよ.コンデジいらないいらない.


んでまぁ色々な心境の変化などを経て現在コンデジ欲しいのでちょっと調べてみた.
というかアンテナをパッとはってみた.
幸い,カメラ関連のブログはチェックしてたし僕のTwitterのタイムラインには強力なコンダクターが二人居る.
その二人,@kalapattar@fumiyasが口を揃えて叫び,
どうも気になるのはCanon PowerShot S〇〇シリーズについてだ.
二人の写真は頻繁に目にしてきたので写りに間違えないとは思うし,ちょっと調べてみると,
それは普通のコンデジとはひと味もふた味も違う設計思想を持ったカメラなのだった.
来月12月に「PowerShot S100」っていう新機種が出るんだけど,
現行のS95と比較された記事を最近よく見かける.

12月発売の最強コンデジ「PowerShot S100」のブロガーイベントに参加して開発者の熱い魂に触れてきた! - 941::blog
毎年恒例! PowerShot S100 で花園神社 二の酉本祭を撮りまくってきた - 941::blog
Canon S100 vs S95 noise | Cameralabs


主に上の三つをじーっと眺めて,考えた.
・Sシリーズがもてはやされるのはなぜ(画が良いのはTLの二人の写真で確認済み
・S95とS100,買うならどっち?


これがS100.右手のところグリップしやすそうだけどちょっとかっこわるい気もする.
(Amazonから画像借りてます)


ところで,僕が4年前に買った「LUMIX DMC-FX100」は1220万画素です.
P1030756
これは最近FX100で撮った洋館室内の写真.
そこそこ撮れてるけどやっぱり暗いところではかなりノイズが乗るので必死で処理した結果,
つるっとした写真になっちゃってる.


当時は(というか今も割と)「なんと◯◯万画素!!パナい!!」みたいな売り方で,
そもそもユーザーは画素がなんなのかもよくわからず,とりあえず数が多い方が良さそうってことで,
画素を見てカメラを決めたりしちゃうと思うんだけどそれがそもそも(※コンデジの場合は)誤りで,
というのをどのメーカーも(知りつつも)明らかにせずやってたところで,
S90(Sシリーズの初代)開発のときにCanonが提言したみたいなんだよね.
「画素数競争クズいのでやめましょう」って.
S95は去年発売で1000万画素だしS100は1210万画素.
4年前に俺が買ったものより遥かに良く写る上の二つですら,画素数は少ない.
という結果論での肯定の仕方は順番逆なのかもしんないけど,
まあとにかくコンデジ業界にとってSシリーズ革新的だったってことだと思う.

面白いのが941さんのブログでCanonの開発の人の言葉がこう書かれてる.
S90の時からの開発担当チーフの方曰く、「薄暗い居酒屋でもいい画がとれるカメラを作れ」 というのがS系の始まり。ストロボ担当だったのにストロボ使わない開発を任されるわ、酒が飲めないのに居酒屋がメインの利用場所とか色々と困ったが何とかやっている。(キヤノンさん面白いな)


長くなってきた・・・S95とS100の比較をざっくりと.
・S100の方がS95よりも高感度ノイズは少ないっぽい(暗いところに強いのは夜型人間には◯)
・低感度の場合(ISO80とか)のときはS95の方が画が綺麗(というかかっこいい)
・S100にはGPSがついてて,JPEGに勝手に位置情報付加(旅慣れテーラー)
・S100には今まで無かったシルバーがある(カメラはやっぱり黒でしょう)
・S100発売時点で価格は約5万円.そのときS95は多分2.5万円くらい(どっちも買えない)

「え,感度と画素数の話ばっかりじゃん・・・使い勝手とか写りとかどうなの・・・」
という人は自分で調べて下さい!
そしてS100を買うあなたは余ったS95を下さい!!

実は病床で死んでるしょうじなのでした.ジーザス!.

※追記
IMG_0233
@kalapattarさんがS95で撮った写真


@fumiyasさんがS95で撮った写真

勝手に写真借りましたお二人失礼!
[PR]
# by shoz718 | 2011-11-18 17:40 | カメラ

ブログURLとexcite IDの話

エキサイトブログなんてそれはもう10年とまではいかないけどそれに近いくらい前から
「軽いブログといえばエキブロ!」みたいに言われてた.(多分.)というくらい老舗のサイト.
ずっと見てるブログがいくつかあってその中でもさらにいくつかはやはりエキブロで,
比較的イメージが良く,シンプルで簡単なUIだったこともあってこれに決めた.

そんでブログ立ち上げるにはどうしたらいいかってまず
①excite IDを登録する
要は個人情報の登録.ブログ立ち上げる準備段階ね.
まぁYahooでもgoogleでもまず先に取得するよねID.hogehoge@excite.ne.jp(だったかな
みたいなメールボックスもプレゼントされますがgmailヘビーユーザーなのでスルー.次に
②ブログを開設する
ここで主に大事っぽいのはURL決定なんだけども,まぁとりあえずexcite IDを入力して,
無事重複が無ければあとはタイトルとかちょっとした説明とか後から変更できそうなもんを
適当に入力させられて無事ブログ開設となる.あとは
③スキン変更したり
④表示メニュー調整したり
⑤SNSと紐づけたり

とまぁ何が言いたいかというと,難なく開設できるんです今のご時世誰でも.
「そう,このMacBookならね.」(CV. steve

僕はというとで適当に誕生日(71月8日)なんかを入力しちゃってこっぱずかしい感じになってるんだけど,
あれ,ブログの下の方に「by shoz718」とか書いてある・・・.
しかもexciteにログインした状態であらゆるエキブロ(含汁ノート)にコメントしようとすると
問答無用で「shoz718」と表示される.
誕生日ぇ・・・・・・・・
これはミス!!excite IDなんて自分の管理用で表示名はいくらでも変更できるだろう!とたかくくってた.
噂によると「excite ID」の代わりに「ニックネーム」というものが設定できて,
それを使って他のエキサイトユーザーといちゃいちゃできるみたいなんだけど,どうにもそれができない.
できれば「shoz_」とか「shoz_ru」とかって思ってるというのは要は
明らかに誕生日入っちゃってるID晒し回るの恥ずかしいでしょ・・・71月8日生まれのshozさんて・・・

という失敗から新しい「汁ノート」を作ってみた.ちょっと疲れた.

でもね,いいんです.もういいんです.やっぱりshoz718.exblog.jpでいきます.
どうせなら誕生日覚えて下さい.71月8日です.
[PR]
# by shoz718 | 2011-11-16 15:01 | このブログのこと

Twitter以外に自分のホームになるメディアを持つこと

Twitterのタイムラインを追わなくなって久しく,facebookの心地よさにはだんだんと慣れ,
flickrもTumblr(飽きた)もmixiもUSTREAMもPodcastも少しずつ消費した.
ふと考えたときに,上記したどれにも適さないんだけど
確実に電子ネットワーク上で記録しておきたいって思うことが多少あって,
事実そのままと対峙した自分の思いを綴るっていうとても簡単なことなことを,
きちんとやっていきたいなと考えた.
実は今年の頭からトーニャハーディング is still aliveの影響で
手書きの日記を毎日書いてて来年見返すが結構楽しみだったりして
それを続けてるだけでまぁ自分変わったなって感じるところなんだけど,
「他者の目」を少なからず感じながらものを書くことも大事だと思う.
たとえ個人的なプレーだったとしても.


買ったばかりの「steamroller / SURLY」

自転車に前後ブレーキをつけた上で固定ギアにして遊んでる.
街中でザーッてロングスキッドしてみたい!っていう時代遅れえアホな欲求が芽生えたのは去年の今頃で,
自転車屋の友達に頼んでかっこいいやつっつって組んでもらったんだけどこれビックリだね.
まず俺身長が高いもんだから基本的に普通の完成車はちっさいのよ規格が.
でも普通に売ってる自転車はまぁ「普通」のサイズに作られてるからこれまで24年間,
「普通」の自転車に乗り続けてたわけだけど,生まれて初めて自分の身体に合うサイズの自転車に乗ってみて,
たまげた.マジで.
モリモリペダル踏んだらそのモリモリ分進むっていう実感っていうかとにかく楽に速い.
体の一部とまではいかないけどそれくらいの気分で車道の左側を悠々走る.
今まで乗ってた乗り物は車輪の二個ついた鉄棒でしたねっていうぐらい違いを感じてて,
ほんとにカチっとした工業製品にまたがってるぜっていうような.

なぜ自転車に乗ろうと思ったかというとこの動画を見たから.

vimeoどうやってembedするの・・・.
[PR]
# by shoz718 | 2011-11-15 19:56 | なんでもないこと

明日の予定と今日起こったことを確認するためのメモ

記事ランキング

最新の記事

崎陽軒のシウマイ弁当を通常の..
at 2016-05-22 23:27
30前後になってなおクラブ通..
at 2015-10-19 00:25
【劇団→ヤコウバス】やみつき..
at 2015-03-08 22:44
iPhone6のケースは「i..
at 2014-10-20 21:27
【WALTZ2014】中川運..
at 2014-10-15 08:00
イエネコカメラの新しいディス..
at 2014-10-12 21:02
【気になってる自転車】Tox..
at 2014-07-31 08:05
【おすすめしない】渇き。見て..
at 2014-07-29 08:00
【行って良かった】資生堂アー..
at 2014-06-16 08:30
友人にしか伝わらなくていい個..
at 2014-04-18 08:04

カテゴリ

全体
ちょっと出かけた
飲み食い
ビッグアクティビティ
このブログのこと
カメラ
欲しい/買った
写真
音楽
メモ
告知
なんでもないこと
街中でのできごと
Mac iPhone
映画
テレビ
読んだ
未分類

タグ

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
more...

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

その他のジャンル